ブラックでも借りれる消費者金融 ランキング

 

消費者金融と銀行カードローン金利が得なのは?

キャッシング利用する際、返済の際に上乗せされる金利に注目して業者選びをするという方は多いかと思います。

 

皆さんの中のイメージは『消費者金融は金利が高く銀行カードローンの金利は低い』と思っているのではないでしょうか。

 

確かに、消費者金融の金利と銀行カードローンの金利をくらべたら銀行カードローンの低金利は魅力的です。

 

消費者金融は銀行カードローンに金利の低さでは太刀打ちできないと思っていたのですが、最近では大手消費者金融の中で、一定期間の間に完済すれば金利0というサービスを実施しているところも出現しています。

 

『給料日まで後数日の生活費3万を借り入れしたい』
『ボーナスが入ったら全て完済予定だが今すぐお金が必要』という方は銀行カードローンの低金利よりも消費者金融の無利息期間をえらぶほうが賢いでしょう。

 

希望融資額や返済期間によって自分にあった金融業者を選びましょう。

 

そしてキャッシング申し込みをする際に
『今日中に借りたい』『審査スピードが早いほうが良い』と思う方も多いですよね。

 

審査スピードの早さは消費者金融がウリにしていることが多いです。

 

少し前までは銀行ローンは審査時間に数日掛かるというイメージでしたが、実は銀行カードローンの中にも即日融資をウリとしている業者は出てきています。

 

即日融資を受けたいなら消費者金融一択というワケではなくなってきており選択の幅は広がっています。

 

確実に即日融資を受けたいと思っているなら
広告や公式ホームページの『即日融資可能』という文字だけを鵜呑みにしてはいけません。

 

即日融資を受けるためには条件があります。

 

銀行営業時間内に審査に通り融資を受けれる場合に限られたりすると、銀行営業時間外なら浴銀行営業時間まで入金されないなんて事になってしまい即日融資は叶いません。

 

そこで、融資を受けようと思っている業者から即日融資を受けるために
『提携口座を持っていれば365日・24時間いつでも融資可能』という所に注目しましょう。

 

ネットバンクと提携している場合は銀行営業時間外であっても即時入金してくれることがあります。

 

もし指定口座を持っていないなら、無人契約機に併設されたATMの利用で即日融資を受けれる場合があるなど、即日融資を受ける手段の多さにも注目して選ぶことをオススメします。

 

審査の甘い消費者金融でキャッシング申し込みをしたい

キャッシング未経験の方の場合、『審査』という言葉に拒否反応を示してしまう方もいます。

 

『うちの審査はとっても厳しいですよ』と書かれた広告と
『うちは審査なんてほとんどなしで貸します』と書かれた広告があればみんな審査の甘い業者を選ぶでしょう。

 

消費者金融や銀行カードローンをの申し込みをする上で
『審査をしないで希望額の融資を行う業者』ははっきり言ってありません。

 

全ての金融業者がしっかりと審査をした上で融資可能か不可能かの判断をしています。

 

審査では、申し込みをした書類に目を通し、ウソや間違いはないか信用情報機関に問い合わせてあなたの金融情報というものを調べます。

 

この信用情報機関にはキャッシングの情報だけではなく、過去のクレジット利用歴や携帯電話代の滞納などの情報も集められています。

 

過去に携帯電話の料金を払わずに逃げたなどの場合には金融ブラックとして登録されていることがあり、審査申し込みをしても審査に通ることはありません。

 

もちろん、過去のキャッシングで何ヶ月も返済を滞納したり、多重債務者となってしまい借金の整理の為に自己破産などの債務整理をした場合も金融ブラックとして登録されていますので審査に通ることはありません。

 

この金融ブラックですが、キャッシング未経験・滞納の過去もない方もなってしまう可能性が一つだけあります。

 

それは審査申し込みを同時に複数の会社にしてしまった場合。

 

『A社は即日融資できないけど金利が安い・B社は金利は高いけど即日融資可能。給料日までの金欠しのぎだし、審査に受かればどっちでもいいや』と2社同時に審査に申し込んでしまうと…
信用情報機関に『この方は今A社とB社に審査申し込み中です』という情報が掲載されます。

 

『よっぽどお金に困っているのだな。これは返済出来ないだろう』と判断されてしまって審査に通らないどころか、『申し込みブラック』と登録されてしまえば、半年間はどの金融業者に審査申し込みをしても審査に通ることはありませんので注意しましょう。

 

 

ブラックでも審査に通過する消費者金融とは

 

信用情報機関にブラックと登録されてしまっても金欠になってしまい、お金が必要になることはあるかもしれません。

 

しかし、金融ブラックとなってしまってからでは、全うな金融業者で融資を受けることはできません。

 

信用情報機関の『金融ブラック』というのは『このひとにお金を貸してはいけません』と言われているのと同様なのです。

 

審査の際に『他社からの借り入れが0』と申請しても、実は他からの借り入れがあったり、働いてもいない会社名を記載してもウソはバレます。

 

審査では必ず在籍確認が行われています。
これは、あなたが申請の際に記載した会社で本当に勤めているかを調べるために行われています。

 

キャッシングというのは『職に就いて安定した収入を得ている』事が第一条件となります。

 

職場に電話をかけてあなたが本当に働いているかどうかを調べるのですが、この在籍確認を避けたがる方も多いです。

 

やむを得ない理由がある場合はスタッフに相談すれば、在籍確認を電話以外の方法で行っていくれるところもありますが、
『クレジットカードの契約をしたので僕宛の電話がきます』とか
『生命保険の契約をしたから在籍確認電話がある』と周囲に言っておけば職場の人間に怪しまれることなく在籍確認電話は乗り切れます。

 

ブラックになってしまうと闇金以外からのキャッシングはできないのか

 

ブラックになってしまうと全うな営業をしている消費者金融や銀行からのキャッシングはできません。

 

とはいえ、世の中には『ブラックでも借りれます』『審査なしで融資します』
などと書かれた広告は存在します。

 

審査が甘いキャッシングを利用したいと思っている方や、ブラックで借りれるところがない方は食いつきたくなる甘い言葉が並びますが、正直なところ闇金である可能性が高いです。

 

滞納を繰り返しているのに、法外な金利の借金を滞納せずに返済できる保証はありますか?

 

闇金から簡単に借り入れできたとしても返せなければ非道な方法で回収されるというのは、漫画やドラマに限ったことではないのです。

 

高利貸しで融資を受けれたとしても金利ばかりを返済し元金が一切減らなければ永遠に借金を返し終わることはないでしょう。

 

お金がない・金欠だという時の精神状態は冷静な自分では考えられないほど判断が鈍ってしまうこともあるでしょう。

 

最近の闇金はただ高利でお金を貸すだけでなく、
ブラックでも融資可能な業者を紹介するという名目で手数料だけを巻き上げたり、融資もしないのに『ブラック情報を消すためにお金を振り込んでください』など詐欺まがいな方法でお金を巻き上げるところもあります。

 

お金がないあなたの事を利用して更にお金を引き出そうをしたり、闇金のネットワークにはまり借金が膨らみあっという間に多重債務者となってしまう可能性もありますので甘い誘い文句にごまかされないようにしてくださいね。